あなたのゴルフが最短距離で上達する方法

投手のルール

野球は投手と野手がいますが党首のルールについて紹介して行きたいと思います。


投手板に足を置いた状態でボールを投げるのがルールなっています。


走者がいないという場合には、捕手からボールを返してもらってから20秒以内にボールを投げなければいけないことになっています。


先発の投手は、1人の打者と対戦した後でなければ、交代することはできません。


救援の投手が入るという場合には、スリーアウトを取ってからでなければ交代できないルールになっています。


ボールには、ツバをつけたり傷をつけたりしてもいけませんし、アウトにしたいがために、盗塁させないようにだますような行動を行うというのもルール違反になっています。


こうした行動をポークと呼んでいるのですが、これはランナーがいるときにピッチャーやキャッチャーが、ランナーをアウトにしたいと思っているために、反則、ルール違反をすることを言います。


投手や捕手にはそれほどルールがないと思っている人も多いかもしれませんが、意外と色々な細かいルールがあり、盗塁を守るために行うポークなどについては厳しい規定もありますので、十分に注意したうえで試合に臨まなければいけません。


敬遠の時に、投手がボールを話す前にキャッチヤーズボックスから捕手が出ることもルール違反になっています。


野球の選手のルールは捕手、投手、打者の大きく分けると三つに分かれていますから、それぞれについて確認しておく必要があります。

posted by スポーツ本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球